思わず人に話したくなるニュースや雑学を随時更新中! 通勤・通学中などのちょっとした空き時間にもどうぞ。

64スマブラ攻略! ヨッシーの性能と立ち回り

64スマブラ ヨッシー 攻略

 

今回は64スマブラ攻略ということで、ヨッシーの性能や立ち回りについて書いていきます。

 

僕はそれほどヨッシーを使うのが得意ではないので、ヨッシー使いの人に話を聞いてみました。

ただこのキャラ、人によって言っていることがまちまちです。

参考になるかどうかはわかりませんが、一例としてどうぞ!

 

Sponsored Link

 

基本性能

 

ヨッシーでしか使えないテクニックもあり、かなりトリッキーで個性的なキャラと言えます。

その分、操作は難しく、個性が弱点になっているともいえます。

上必殺ワザが復帰に使えないこともあり、空中ジャンプがなくなるとあっさり事故死してしまうこともあります。

 

コンボ火力は高いのですが、難易度が高く、相手キャラや位置によって火力が取りにくいこともあります。

特に中央台にいる相手には差し込みづらく、火力をとるのも難しくなっています。

 

 

また、コンボや立ち回りなど、あらゆる場面で操作精度が求められます。

精度が高くなるほど強くなるとのことなので、トレーニングでの練習や実戦経験を重ねていきましょう!

 

Sponsored Link

 

基本的な立ち回り

 

最初に書きましたが、人それぞれ戦法やスタイルが全く違います。

すべてをマネる必要はありません。

 

ヨッシーというキャラ自体がまだ開拓されきっていません。

この記事で書くのも、完成された立ち回りではありません。

これから新たな戦法や技術が見つかる可能性がまだまだあります。

発見者はあなたかもしれません!

 

そのうえで読んでみてください。

 

 

 

ヨッシーですが、後ろ蹴りを中心に立ち回るのが基本になります。

 

空前は当たればダメージが大きく、コンボにもつなぎやすいためリターンは大きいワザになっています。

しかし範囲が意外と狭く、判定もそこまで強くないため、立ち回りで振りすぎるのは危険です。

攻撃判定より先に食らい判定が前に出るため、相手の攻撃にも引っかかりやすくなっています。

 

ヨッシーは中央台へ差し込みにくいため、こちらがヨッシーを使うと相手は中央台に居座ってくることがあります。

そういうときは左右台からジャンプし、先端がギリギリ相手に届くような後ろ蹴りを狙います。

この先端ギリギリの後ろ蹴りは立ち回りでも大事で、食らい判定のない部分で攻撃できるため、リスクがほぼありません。

 

中央台に乗るように攻撃を当てに行ってしまうと、ジャンプで避けられた場合に手痛い反撃を受けます。

というより、中央台をとった相手はヨッシーが飛び込んでくるのを待っていることが多いため、飛び込んではいけません。

 

飛び込みを期待して相手がジャンプしていたら、着地するところに後ろ蹴りや空上で狩りにいくといいです。

空上は上方向に判定が広い上に判定も強く、ダメージや位置にもよりますが当てればコンボへ移行できます。

 

 

 

ヨッシーには、シールドを出してから3F(60分の3秒)の間だけ完全無敵にある「ブロッキング」があります。

相手の攻撃をうまくブロッキングできればチャンスになりますが、猶予が短すぎるので狙いすぎはやめましょう;

なお、しゃがんでからシールドを出すことで、ブロッキングしやすくなるそうです。

 

 

ヨッシーの空中ジャンプには、ある程度の吹っ飛びまでなら耐える「ふんばり」があります。

このふんばりで相手の攻撃を耐え、その後隙に反撃をするのが「ふんばりカウンター」です。

 

1発の攻撃は1回当てたらそれ以降は攻撃判定がなくなります。

つまり、攻撃をふんばってしまえば、相手はその攻撃が終わるまで無防備になります。

この間は安全に攻めることができます。

 

しかし、カービィの空下やピカチュウの空前などの多段攻撃は、攻撃判定が何度も出ます。

ふんばっても反撃できず、ただダメージを受けるだけになってしまいます。

 

 

また、ヨッシーとネスには、「ぺち」と呼ばれるテクニックがあります。

他のキャラと違い、空中ジャンプの出始めに攻撃を出すことで、空中ジャンプによる上昇を制御できます。

このぺち使うことで、少し離れた位置からでも高速で差し込んだりできます。

 

ジャンプから即座に空中ジャンプを出し、その上昇をキャンセルすることで、超低空で空中ワザを出せます。

ふんばりと組み合わせることで、予想外の攻撃を生み出すことが可能となります。

 

Sponsored Link

 

最後に

 

「ブロッキング」「ふんばり」「ぺち」はいずれも重要なテクニックなのですが、使い方が未だ確立されていません。

攻略記事でこんなことを書くのも申し訳ないのですが、人によって使い方が違いすぎてまとめられないのです・・・

有効な使い方を見つけたら、ぜひそのように使ってあげてください!

 

ただ、どの技術にも、使うには知識と経験が必要です。

相手キャラのワザを知り、どのタイミングでふんばればよいか、どのタイミングでブロッキングすればよいかを把握する必要があります。

 

 

人によって使い方が違うということは、どのように使っても勝てる可能性があるキャラということです。

あなたがヨッシーを使って勝てるようになってきたら、それが正しい立ち回りです。

ヨッシーで勝てるようになったら同時に、スマブラ全体で上達してきていることに気づくはずです。

 

 

最後に、今回話を聞いたヨッシー使いから一言です。

 

「難しい操作もあるものの、モノにできたときの達成感・爽快感はたまりません。

お互い頑張りましょう!

あと、ヨッシーのコンボで迷ったら、とにかく下に落としてください。

それでバーストするならよし、しなくても復帰阻止がしやすくなります!」

 

 

 

Sponsored Link

 

関連記事

ブログ運営者

〇名前
 げえんがあ

〇都道府県
 愛知県

〇自己紹介
 ゲンガーとテレビゲームが大好きな社会人です。
 特にスマブラとFE(ファイアーエムブレム)に熱中。
 ネトスマ段位戦はファルコンで最高四段、
 FEはGBAのハードと3DSのルナティックを気ままに。

 大学では経済学と簿記を専攻し、
 日商簿記2級取得後は税理士試験の勉強をしてました。

 頑張って更新していくので、よろしくお願いします!

 連絡はお問い合わせからお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク