思わず人に話したくなるニュースや雑学を随時更新中! 通勤・通学中などのちょっとした空き時間にもどうぞ。

小島武夫プロが死去し死因は九蓮宝燈?ミスター麻雀の動画がやばい

2018.05.31

プロ雀士の小島武夫(こじま たけお)さんが5月28日に亡くなっていたことがわかりました。

小島プロと言えば「ミスター麻雀」とも呼ばれ、麻雀をやっている人なら誰もが知っているような有名人で、僕も彼の動画やコラムをよく見ていました。

 

日本プロ麻雀連盟の初代会長・最高顧問を務め、麻雀界の発展に非常に貢献した方だったので、亡くなったと知ってショックが大きいです。

 

そんな小島プロが亡くなった原因ですが、ある役が関係しているのではないかと言われています。

 

Sponsored Link

 

ミスター麻雀の訃報

 

日本プロ麻雀から以下のツイートがされたことで、小島プロの死が明らかとなりました。

 

 

 

 

小島プロについて

 

 

こちらが亡くなった小島武夫プロのプロフィールです。

 

名前:小島武夫(こじま たけお)

生年月日:1936年2月11日生まれ

年齢:享年82

出身地:福岡県福岡市博多区

 

小島プロは「ミスター麻雀」と言われるほど麻雀に精通し、自ら打つときの強さはもちろん詳しい実況解説も評判でした。

阿佐田哲也さん・古川凱章さんらと「麻雀新撰組」を結成し、人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナーに登場するなどタレント的もある人物です。

 

第3,4期の「最高位」や第2期の「最強位」など多くのタイトルを取得し、75歳という年齢で麻雀グランプリMAX-2010にも優勝しました。

日本プロ麻雀連盟の初代会長を務め、麻雀がここまで広まった理由の1つに小島プロの存在がある言っても過言ではありません。

 

Sponsored Link

 

小島プロの死因は九蓮宝燈?

 

小島プロは以前から入院療養中で、心不全で亡くなったと報道されています。

55歳のときに糖尿病を患い、治るのに20年もかかったという過去があったので、それも関係している可能性があります。

 

しかし、麻雀ファンの間では、死因は「九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)」ではないかとまことしやかにささやかれています。

 

この役は「あがると早死にする」という都市伝説のある役です。

非常にあがるのが難しい役であるために運を使い果たしてしまうとか。

小説「麻雀放浪記」やマンガ「哲也 ~雀聖と呼ばれた男~」でも九蓮宝燈をあがった人が直後に亡くなっています。

 

 

小島プロはこの九蓮宝燈をあがったことがあります。

しかも8巡目という驚異の速さで・・・

 

 

 

小島プロの死因は心不全ということになっていますが、九蓮宝燈ではないかとうわさされる辺り、彼がいかにファンに愛されていたかがわかりますね。

 

亡くなった原因がこの役に関係あるかはわかりませんが・・・

ミスター麻雀とも呼ばれるほど麻雀に精通した小島プロなら、もしかしたら本当にあり得るのかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

プロ雀士の小島武夫さんが5月28日に亡くなっていたことがわかりました。

死因は「心不全」と発表されていますが、麻雀ファンの間では「九蓮宝燈」が原因ではないかとうわさされています。

 

僕も大好きな方だったので、亡くなったのは非常に残念です。

小島プロが麻雀を打っている動画などは多く残っているため、これからも参考にさせてもらおうと思っています。

 

亡くなった小島武夫プロにご冥福をお祈りいたします。

 

Sponsored Link

 

関連記事

ブログ運営者

〇名前
 げえんがあ

〇都道府県
 愛知県

〇自己紹介
 ゲンガーとテレビゲームが大好きな社会人です。
 特にスマブラとFE(ファイアーエムブレム)に熱中。
 ネトスマ段位戦はファルコンで最高四段、
 FEはGBAのハードと3DSのルナティックを気ままに。

 大学では経済学と簿記を専攻し、
 日商簿記2級取得後は税理士試験の勉強をしてました。

 頑張って更新していくので、よろしくお願いします!

 連絡はお問い合わせからお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク