思わず人に話したくなるニュースや雑学を随時更新中! 通勤・通学中などのちょっとした空き時間にもどうぞ。

西城秀樹の死因は急性心不全じゃない?原因の病名や自殺の可能性を調査

2018.05.17

5月16日に、歌手の西城秀樹さんが亡くなっていたことがわかりました。

西城秀樹さんといえば『YOUNG MAN』『ギャランドゥ』『傷だらけのローラ』などの大ヒット曲があり、僕も好きな歌手だったので、かなりショックでした・・・

 

今回は西城秀樹さんに関する報道内容や亡くなった原因、自殺の可能性などについて見ていきます。

 

 

Sponsored Link

 

 

西城秀樹さんの逝去に関するに報道内容

 

 

歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため亡くなっていたことが17日、分かった。63歳。広島県出身。

西城さんの関係者によると、西城さんは4月25日に家族と団らん中に意識を失い倒れて、横浜市内の病院に搬送。「20日ほど頑張った」(関係者)ものの、意識は戻らず、16日に力尽きたという。仕事の予定はしばらくいれていなかったともいい、仕事面での混乱はないという。

引用:デイリースポーツonline

 

やはりショッキングなニュースです。

 

仕事の予定をしばらく入れていなかったということで、もしかしたら死期が近いのを悟っていた可能性もありますね・・・

 

 

 

亡くなった本当の原因は?

 

 

報道によると、西城秀樹さんが亡くなった直接の原因は「急性心不全」とされています。

急性心不全は「心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して、全身の血液の流れが滞る状態」を言うのですが・・・

 

人が亡くなると、最終的には心臓が停止して全身の血液の流れが止まります。

つまり、どんな病気や事故で亡くなっても心不全ということが可能なわけです。

 

今回の報道に関しても、急性心不全といっているだけで何が原因で心臓が止まってしまったかは明らかにされていないわけですね。

 

 

西城秀樹さんは、2003年と2011年には脳梗塞を発症していました。

右半身に麻痺、言葉をうまく発音できないなどの後遺症が残っていたそうです。

 

急性心不全だからといって心臓に何か病気があったわけではなく、脳梗塞が再発した可能性や、脳梗塞に関係して他の病気を起こしていた可能性もあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

自殺の可能性は?

 

 

自殺で亡くなった方の名誉やプライバシーを保護するため、自殺を急性心不全として報道することがあるそうです。

そのため、西城秀樹さんについても、自殺したのでは?といううわさがあります。

 

しかし、西城秀樹さんは脳梗塞を発症したあとも『めぐり逢い』という曲を出したりと、歌手活動を続けていました。

『あきらめない 脳梗塞からの挑戦』という本も出版しています。

 

2016年6月にも

「同じ病気の人たちに勇気を与えるためにも、今の自分をありのまま見せてステージに立とうと思った。元に戻るのは無理だけど、少しでもよくなるように前を向いて頑張っていきたい」

との発言をしています。

 

僕には彼がとても自殺する人だとは思えません。

4月25日に倒れた当時も家族団らんの最中だったということで、やはり病気でなくなった可能性が高いと思います。

 

追って詳しい病名などが発表されるかもしれませんが、ご家族の方の意向もあるので、明らかにならないことも十分考えられます。

 

 

 

まとめ

 

歌手の西城秀樹さんが63歳で亡くなりました。

直接の死因は急性心不全とされていますが、詳しい原因については分かっておらず、今後も発表されない可能性が高いと思います。

 

もしも何かわかったことがあれば、こちらに追記していきます。

 

 

亡くなった西城秀樹さんに、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link

 

関連記事

ブログ運営者

〇名前
 げえんがあ

〇都道府県
 愛知県

〇自己紹介
 ゲンガーとテレビゲームが大好きな社会人です。
 特にスマブラとFE(ファイアーエムブレム)に熱中。
 ネトスマ段位戦はファルコンで最高四段、
 FEはGBAのハードと3DSのルナティックを気ままに。

 大学では経済学と簿記を専攻し、
 日商簿記2級取得後は税理士試験の勉強をしてました。

 頑張って更新していくので、よろしくお願いします!

 連絡はお問い合わせからお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク